患者を助ける医薬品の個人輸入代行業

世界という視点からみれば日本は豊かな国であり、医薬品の研究・開発において細やかな所までこだわり、良いものに仕上げようとする所は称賛するに値するでしょう。
ところが海外の製薬会社が開発した医薬品や、日本で開発した医薬品もドラッグ・ラグという問題があります。
世界では当たり前の様に使用されている医薬品であっても、厚生労働省の認可が下りない為、国内で発売出来ないという問題があるのです。
この問題には様々な意見がありますが、新薬を作る場合に必ず行う治験がスムーズで無いこと、非効率である事から、かつての厚生労働大臣は欧米レベルにスピードアップすると発言しました。
しかし実際問題、病を患っている一般庶民がその恩恵を受けるという段階にはまだ来ていません。

日本の薬事法という医療・医薬品等に関係する法律はとても厳しく管理されています。
医師や薬剤師等の免許がなければ、例え薬剤を作る豊富な知識があっても簡単に製造して、販売する様な事は出来ない仕組みが取られているのです。
しかし、日本の薬事法を遵守しながら海外で作られた医薬品を手にする方法があります。
個人で一定量を輸入し、個人使用の範囲であるならば使用することは合法です。
ですが誰でもこの個人輸入が出来るという訳ではなく、語学力が必要であったり関税に通らなければならないなどの面倒な手続きが発生します。
これがもし出来ないという人は、個人輸入代行サービスを行っている業者に依頼するのが便利で簡単です。
具体的な購入方法は、ベストケンコーという医薬品を取り扱っているサイトがあります。

欲しい医薬品を選択しクレジットカードで決済するという、見かけはネット通販と変わりません。
発注すると、業者が注文しておいた薬を購入して、自宅に配送してくれるというものです。
注文をしてから待っているだけで良いので、とても楽ですし、また安心して医薬品を手にする事ができます。
ベストケンコーは、様々な医薬品を扱っています。
例えば、パートナーとの夜の営みには欠かす事が出来ない数々の勃起不全治療薬や、その薬のジェネリック医薬品、男性脱毛症治療の医薬品では日本で処方されるプロペシアだけに留まらずに、日本では未発売の服薬するタイプのフィナステリドや、頭皮に塗布するタイプのミノキシジル等も発売しているのです。
また、女性の多くが気にしているダイエットの為の医薬品もあります。

最近ではメタボリックシンドロームから糖尿病や脳卒中等の重い病気にならない様に、ダイエット医薬品を使い、重病になる前に防ぐという使い方もされています。
また、メンタルな病である不眠症・うつ病・パニック障害などに対した医薬品もあります。
うつ病等の病は、まずは評判の良い心療内科行き、診察を受けましょう。
そして服薬する薬が安定したら自宅で静養をしつつ、医薬品の個人輸入代行業者であるベストケンコーで必要な抗うつ薬・抗不安薬等を選び、配送して貰うという手もあります。

Comments are closed.